あんな鳥いっいなー、飼えたらいっいなー
チラ裏鳥日記

サザナミインコ めろどらま

昼のメロドラマみたいな展開を繰り広げるサザナミさんたち。

クリームイノ・いのっち♀が3月、4月と卵管脱を起こしたので
コバルト・ごんちゃん♂と完全別居に突入。
CIMG2517.jpg

ひとりぼっちが寂しいごんちゃん

CIMG2519.jpg

一時期心が揺らいでたスパングルコバルト・碧ちゃん♀とまたお近づきになりつつ。
こっそり隠れて、カキカキしてもらったりしてます。
碧ちゃんもまんざらでない様子で、放鳥中はもっぱらごんちゃんにかかりきり。

CIMG2520.jpg

一応碧ちゃんのペア相手として、尽くし尽くしてきたクリームイノ・笑ちゃん♂が
このような顔で見ております。

CIMG2518.jpg

かといって、一緒のケージにいれてみると、ごんちゃんがスパングルちゃんに意地悪するし
新ペア成立!ってわけにもいかない。

最近は朝からごんちゃんが呼び鳴き、それに我先に!と答えるイノっち♀と碧ちゃんの声に
振られる感満載の笑ちゃん♂の声が重なって、騒がしいです・・・。

もう一羽♀を迎えて、上手い具合に納まらないかなーと画策してみたり。

イノっち、本当はペアにしといてやりたいんだけど
卵管脱のことがあって
これまで二回はタイミングよく早く気付けたけど、もし遅かったら命が・・・なんてことがあるかもだし
カルシウム摂取と粗食には努めてるけど完全な抑制は無理と思う。
なので、彼女はこれからずっと一羽で・・・・となるんだけど
それまた切ないなぁ、と思うわけです。
やっぱり、一度、相手が出来て「一羽じゃない喜び」を知って、また一羽になる気持ちを思うと。
だけど、命も大事だし。

Barred Parakeet


なやむぅ。
で、こないだ先輩からそういう役立つ情報を載せたら、と言われたので
本当はあまり役立ちたくないんですが・・・・・・・書いてみます笑

ただ、病院の名前・場所などについては、ココではある程度の情報しか出しません。
私が合う病院が良い病院ではないので、探してる、困ってる人がいたら
(私は 鳥を見てくれる良い病院、ととあるブログで紹介されてる病院が大嫌いだから)
メールフォームでご連絡いただければ、私の行ってる病院の場所・名前をお知らせします。

卵管脱の後のおちり

3/18 一回目の卵管脱(夜のお世話が終わる21時ごろまでは兆候なし、朝7時半ごろ気付く)
様子:止まり木にいないで、床に降りてる
   なんかちょっとしんどそう。
   卵詰まりの経験はないけど、噂にきいてたのでそっちを疑った。
   赤いのがデレッと出てるけど、出血はない。

処置:病院の開院時刻少し前に電話してみたら先生が出たので
   言われたとおりにとりあえず、指と綿棒で戻してみる。けど戻らない。
   それどころか、ひどく出た感じ。
   押さえたティッシュに薄赤い血がついたりする感じ。

病院では、ちょっとぐったりした感あり。
で、かなり出てるので1針縫って、半日入院。
点滴(体力回復)とレントゲン撮影(次の卵があるかどうか)
処置、初診料、お薬(粉薬で抗生物質・カルシウム・あと発情を抑える薬とか入って1包ごとになってる)含めて
9500円

で、4日後に抜糸かねて診察。(フンが出なかったら、翌日と言われてたけど立派にでてた)
丈夫なのかなんなのか、食欲も旺盛でかなり回復。
再診料で1000円

4/28 二回目の卵管脱(朝お世話の7時まで兆候なし、夕方帰宅して6時半ごろ気付く)
様子:普通に卵が転がってて、産んだのか・・・・って感じで初め気付かず。
   止まり木にも行ったり、卵温めたり、特に変わってない感じだったけど
   相方のごんちゃんが放鳥時にあまりケ-ジを離れず、他のサザナミが寄ってくると
   「ぎゃぎゃ!」と頑張って追い払うので観察してたら、
   イノっちのオシリがやっぱり出てることに気付いた・・・・。

処置:二度目なので前回より落ち着いて処理できた、気がする。
   変色や出血がないのは確かめ、軟膏(でいいのか分からないけど)消毒や滑りを良くするものを
   縫って、綿棒にも塗って、押し込んでみる。
   けど、やっぱり入らない。そのうえさらに出る・・・・・・こええ。

   行きつけの病院が8時までなのでギリギリ間に合うかも!と電話したらいけそうだったので
   化粧とれかけ、足もとはレッグウオーマーで自転車飛ばしてく。
   電車で一駅向こうで、駅から歩いて10分ぐらいのとこなので
   自転車のが早いかも!と。
   でも急ぎ過ぎて、着いたら私のが具合悪くなった。そして、イノっちもケースで揺られすぎてやや出血。

前と同じ診断で、とりあえずすごく出てるので1針縫う。点滴。薬も前と同じでレントゲンなし。
金額は6500円

犬連れの人が多くて、5,6万払ってるのを見て貧乏人に犬は飼えんな・・・としみじみ思いつつ帰宅。

卵管脱で注意するのは、早期発見早期治療。
12時間経つと危ないかなー、て話でした。
出てる部分の色が変色してるとか、出血があるとか、も重大ですって。

一回目の後からカルシウム摂取とタマゴの気配には気をつけていましたが
雛の鳴き声に勝てませんでした。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://usakoinnko.blog129.fc2.com/tb.php/415-d85c7d65
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。