あんな鳥いっいなー、飼えたらいっいなー
チラ裏鳥日記

奈良 とりまつりまとめ

とりまつりはコザクラさんとオカメさんの出品が一番多い、気がする。
アキクサインコももっと色変わりのバリエーションが増えたら面白いんだけど。
展示にしてもルビノーだしときゃOK~、みたいな感じになってるのがちょっと残念。
もっとノーマルやファロー系の微妙な色合いや和のテイストを見て知ってもらいたい・・・
でもうちのハニー達はだめ。

CIMG2610.jpg
どこかで見覚えのあるこの高級パフパフ。
そう、間違いなくTさんのだと思う。本物の輝き。

CIMG2607.jpg
ミドリちっくにみえるんですが、ヒムネキキョウのブルー白胸。ホワイトブレステッド。
最近、周りで飼いたい人が一番多い鳥かもしれない。
飼育、繁殖の難しさ、美しさ、色変わりの多さ、どれをとっても玄人好みで
百戦錬磨の先輩ブリーダーの方々の心を揺さぶるのでしょうか。

CIMG2604.jpg
ビセイインコの最新品種。オレンジルビノー。
かっちょいい。

CIMG2603.jpg
オレンジシナモンオパーリン。
私的にはこっちが好きかな。

ビセイは寒色系(ブルーやらプラチナやら)と暖色系(ルチノーやらオレンジやら)と
二つ路線があって、好みが分かれますねぇ。

でもね、みんな手乗りにならない、離れてくって口々に言うんですよね・・・。
ううん、でも私はあの日のオパちゃんを信じてる。

CIMG2601.jpg

今回フィンチを注目したかったとこなんだけど
一枚だけ。

芸物のジュウシマツ。
梵天(頭)と千代田(胸)の合わせ技で大納言。
胸の巻きはお椀型がいいんですって。

ジュウシマツって興味が薄いんですが
先日の姫路で詳しいIさんに会って色々話を聞いてみると、面白かったです。
一色もの、ってのは結構作るのが難しくて
羽一枚でも他の色が混ざるとダメ。
模様の出方で、かなり和風の良い感じの名前がついてたりしてオシャレ。
(といいつつ名前わすれたなー。楊貴妃、じゃなくってーなんとか妃みたいな!)
さーーて終わった終わった。

オークションでおつりの準備を考えてなかったので大変でした、とか
受付はエントリーする人には無理じゃないかな、とか
もちっと手乗りの展示は手乗り派の趣向が生きてもいいんでないか、とか
(手乗りは投票から外れて、鳥と触れ合える感じの完全締め切り、人入れ替え型とか
ペア、もしくは複数での展示。一羽飼いでは見れない良さもあるから)
思ったりする点もあるんですが・・・・

ま、たくさんのお客さんが見えられて、賑やかでした。
私的には、面白い先輩方と色々お話できて
著名なブリーダーさんに紹介してもらったり、楽しかったです。
後日「面白かったよー」と連絡を頂いたりして私も嬉しかったし。

でもね
やっぱりもちっと参加されてる会員さんの力を活かせる配役、配分を
しないともったいないかなーと思ったり。
廃退しはじめたら流れを戻すのはたぶん難しいからなぁ。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://usakoinnko.blog129.fc2.com/tb.php/421-b3e7ea15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。